2011年02月14日

第7巻 あらすじ

リリから貰った魔法のヴァイオリン
でなければ弾くことが出来ないことを、
ついに、月森に気づかれた日野香穂子。

月森から、音楽に対する姿勢を
問い詰められた香穂子。

その一件以来、香穂子は元気がない。
様子がおかしいことに気づき心配する
火原と土浦。

ヴァイオリンの練習をしに、屋上へ行く
香穂子だったが、屋上でヴァイオリンの
練習をしている月森を発見。

月森を避けるように屋上から遠ざかる香穂子。

そんな香穂子と、土浦と火原が遭遇する。
彼らも、屋上でコンクールの準備をしよう
としていたのだった。

火原と土浦は、様子のおかしい香穂子に
気づきつつ、香穂子と別れ屋上へ行くと
その場に月森がいた。

何かあったと察知し、月森に問い詰める土浦。

しかし、実際には何もなく、月森も香穂子に
対して戸惑っていたのだった。

同様に土浦・火原も戸惑いは隠せない。

他のメンバーもこの一件をきっかけに調子が
狂いだすのである。

一方、月森から、『君を認めることが出来ない』
と言い渡された香穂子は、必死に練習するが、
なかなか上達できずにいた。

遂に、今まで抱えていた、魔法に頼ってきたことに
感じる罪悪感や、魔法に頼らずにヴァイオリンを
弾かなければというプレッシャーに、押しつぶされ
そうな想いが、一気に爆発してしまうのであった。

ヴァイオリンをやめて元の生活に戻ろうとする
香穂子だった。

しかし、それでもすっきりはしない。
ヴァイオリンのことが嫌いになりきれず、
苦しみ続ける香穂子であった。

どうやら、この音楽コンクールを通じて
音楽のすばらしさに気づき、ヴァイオリンが
大好きになってしまったらしい。

涙ながらに、再度ヴァイオリンを手に
コンクールに舞い戻ってくる香穂子。

各メンバー複雑に揺れ動きながらも、
それぞれの思いを乗せて、ついに、
第3セレクションが始まった。

第3セレクションのテーマは『失われしもの』。
演奏順と演奏曲は以下の通り。

1番手 月森蓮(ヴァイオリン)
    演奏曲:ラヴェル『ツィガーヌ』
2番手 冬海笙子(クラリネット)
    演奏曲:ドヴォルザーク『家路』
3番手 志水圭一(チェロ)
    演奏曲:チャイコフスキー
    『夜想曲(ノクターン)』
4番手 柚木梓馬(フルート)
    演奏曲:アルビノーニ
    『アダージオ』
5番手 火原和樹(トランペット)
    演奏曲:シューベルト
    『セレナーデ』
6番手 日野香穂子(ヴァイオリン)
    演奏曲:フォーレ『夢のあとに』
7番手 土浦梁太郎(ピアノ)
    演奏曲:ショパン『革命』

控え室では、すごく殺伐として静かであった。

香穂子の一件以来、各メンバー
どこか様子がおかしい。

相変わらず月森とは気まずいままの香穂子。

月森・火原・柚木は
調子も狂い演奏に影響が出てしまった。

演奏も進み香穂子の番が迫ってきたそのとき
事件は起こる。

音楽の妖精『リリ』から、魔法の
ヴァイオリンが壊れること告げられる。

もっても、後一曲が限界らしい。

それでも辞退せずに、最後に
一曲弾こうとする香穂子。

そして、香穂子の演奏順が回ってくる。
最後の一曲に思いを乗せて、
香穂子の演奏が始まったのだった。

以上、第7巻のあらすじでした。

金色のコルダは、私のお奨めする面白い漫画
の一つです。

興味があったら、是非、一度手にとって読む
ことを強くお奨めします。

音楽の楽しさや、一つの高校生の恋愛模様を
楽しめる素敵な漫画です。

この第7巻では、遂に想いを爆発してしまう
香穂子を中心に、複雑に揺れ動く各メンバーの
心情が如実に描かれていて、心に響いてきました。

また、火原・月森・土浦と香穂子との恋愛模様が
複雑に絡み合い、読んでいて、すごく面白いですよ。

是非、一度読んでみてくださいね。
では、また。


posted by まさやん at 16:13| Comment(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。