2011年02月14日

第7巻 感想記

遂に香穂子の想いが爆発してしまいましたね。

あの環境・あのメンバーに囲まれて、相当な
プレッシャーと、魔法に頼ってしまったことに
対しての罪悪感が、香穂子を追い詰めてしまった
のでしょう。

でも、音楽が好きになってしまってどうする
ことも出来ないのが本音なんでしょうね。

第6巻でも揺れ動いている感情が伝わって
きましたが、それ以上に今回は香穂子を中心に
各メンバーの揺れ動いている心情が如実に
伝わってきて、心に響いてきました。

そして、魔法のヴァイオリンで弾く事が最後に
なると知った香穂子は、この第3セレクションで
どんな演奏をするのでしょうか。

揺れ動いた香穂子の心情全てが詰まった
演奏が、このセレクションのテーマである
『失われるもの』にぴったり合っていると
思いました。

是非、最後までヴァイオリンがもってくれる
こと祈ります。

一方火原・土浦・月森も香穂子への想いが
徐々に膨れ上がってきているように感じ取れた。
それだけに調子も狂ってきているだろう。

柚木はそこまでの感情を抱いていないまでも、
どこかで香穂子のことを意識しているようで、
感化されているのは間違いない。

今後、香穂子を取り巻く恋愛模様も金色のコルダ
を読む上での楽しみのポイントだ。

いろんな意味で楽しみが増えた。

以上、第7巻の感想記でした。

金色のコルダは、私のお奨めする面白い漫画
の一つです。

興味があったら、是非、一度手にとって読む
ことを強くお奨めします。

音楽の楽しさや、一つの高校生の恋愛模様を
楽しめる素敵な漫画です。

この第7巻では、遂に想いを爆発して
しまう香穂子を中心に複雑に揺れ動く
各メンバーの心情が如実に描かれていて、
心に響いてきました。

また、火原・月森・土浦と香穂子
との恋愛模様が複雑に絡み合い、
読んでいて、すごく面白いですよ。

是非、一度読んでみてくださいね。
では、また。

【送料無料】金色のコルダ(第7巻)

【送料無料】金色のコルダ(第7巻)
価格:410円(税込、送料別)

posted by まさやん at 16:24| Comment(0) | 感想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。