2011年02月16日

第8巻 感想記

遂に魔法のヴァイオリンも消滅してしまいましたね。
今までの想いの詰まったヴァイオリンとお別れするのは
寂しい気がします。
香穂子もそんな想いだったのではないでしょうか。

第3セレクションのテーマも『失われしもの』。
香穂子の選曲も、フォーレ作曲『夢のあとに』。
恋人をなくした曲として作られた曲である。

このテーマに適していて切なくなりました。

魔法のヴァイオリンとの別れは寂しいですが、
香穂子が音楽を好きになったことは収穫だったでしょう。

第3セレクション後にリリに新しいヴァイオリンを
もらいますが、今後もヴァイオリンを手にもっと
音楽を好きになってもらいたいと思いました。

まぁ音楽のことはこの辺にしておいて、
恋愛模様については、崎本が登場したことで
さらに複雑に絡んでいくのかなという感じが
しました。

香穂子のことが気になり演奏に集中できなく
なった火原。

香穂子の影響で、冷酷な感情が徐々に和らい
でいる月森。

香穂子のことが気になっていて、何かピンチが
起こると、必ずその場に現れ、香穂子を助ける
土浦。

恋愛感情というほどではないが、唯一自分の
本心をさらけ出している柚木。

今までは香穂子を中心に色々絡んでいた恋愛模様
でしたが、そこに崎本がやってきて、土浦に告白
したことで、さらに複雑に絡み合いそうで、今後の
展開が楽しみになりました。

以上、第8巻の『あらすじ・感想』でした。

金色のコルダは、私のお奨めする面白い漫画
の一つです。

興味があったら、是非、一度手にとって読む
ことを強くお奨めします。

音楽の楽しさや、一つの高校生の恋愛模様を
楽しめる素敵な漫画です。

この第8巻では、魔法のヴァイオリン
を使っての最後の演奏となってしまった
香穂子の想いと、香穂子のことが気に
なりだした各メンバーの心情が見え隠れ
して面白かったです。

また、崎本が登場し土浦に告白
したことで、恋愛感情も複雑に
なるのだろうかと、今後の展開が
楽しみなり、わくわくしながら
読むことができます。

是非、一度読んでみてくださいね。
では、また。

【送料無料】金色のコルダ(第8巻)

【送料無料】金色のコルダ(第8巻)
価格:410円(税込、送料別)

posted by まさやん at 20:19| Comment(0) | 感想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。