2011年02月17日

第9巻 あらすじ

遊園地でのダブルデートで

観覧車の中で付き合ってほしいと
崎本から告白される土浦。

しかし、以前から香穂子のことが気に
なり、徐々にではあるが、香穂子への
想いが大きくなる土浦だった。

そして、遊園地の帰り道、崎本の想いに
応えることが出来ず、申し訳ない気持ちで
いっぱいになりながらも、素直に今の気持
ちを告白し、崎本の告白を断る土浦であった。

そうして遊園地での一日が終わる。

一方、火原も明らかに香穂子への気持ちが
膨れあがっていた。

自分でもこのままではいけないと自覚して
いるのだが、香穂子のことがどうしても
気になり演奏に集中できていない。

もうどうしていいのかわからなくなっていた。

数日後、学院内で香穂子の演奏レベルが
落ちたと噂され始める。

屋上で火原と会っていた時にも演奏レベルが
落ちたことに誹謗中傷する言葉が聞こえいた。

香穂子のことを心配する火原だったが、『今は
何を言われてもかまわない。今は頑張るだけ』
と香穂子の前向きな言葉にハッとさせられる
のであった。

そう・・・

もう火原自身香穂子への想いを押さえることが
出来なくなっているのである。

そして、事件は起こる。

遊園地に月森と行ったことに嫉妬した火原は、
香穂子が火原のことを心配して差し伸べた手を
振り払ってしまうのだった。

その一件以来、香穂子に対する気まずさに
余計に元気をなくす火原であったが、
公園で香穂子と合奏することで、改めて
トランペットを楽しく弾く事ができ、
自分の気持ちの整理が出来たのだった。

そして、遂に最終セレクションのテーマが
発表される。

最終セレクションのテーマは
『かけがえなきもの』

それぞれ最終セレクションに向けて
準備し始める。

そして、まもなく最終セレクションが
始まろうとしていた。

以上、第9巻のあらすじでした。

金色のコルダは、私のお奨めする面白い漫画
の一つです。

興味があったら、是非、一度手にとって読む
ことを強くお奨めします。

音楽の楽しさや、一つの高校生の恋愛模様を
楽しめる素敵な漫画です。

この第9巻では、土浦・火原の香穂子への
気持ちを中心に物語が展開していましたね。

そして、他のメンバーとの交流をきっかけに
ある意味、香穂子を中心に大きく恋愛模様が
描かれていて、とても面白かったです。

音楽という観点で見ても、ヴァイオリンが
どんどん好きになっていく香穂子の姿勢に
好感もてました。

いろんな意味で楽しく読める第9巻です。

是非、一度読んでみてくださいね。
では、また。

【送料無料】金色のコルダ(第9巻)

【送料無料】金色のコルダ(第9巻)
価格:410円(税込、送料別)

posted by まさやん at 23:18| Comment(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。