2011年02月23日

第11巻 感想記

皆さん、おはようございます。
まさやんです。

いかがお過ごしですか。
先日お届けした『第10巻・感想記』
楽しんでいただけましたか。

金色のコルダも11巻からいよいよ新学期に
突入いたします。
香穂子を中心にまた新たなストーリー展開が
我々を待ち受けています。

私もどんな展開が待っているのかと楽しみです。

今回は、その11巻の感想記をお届けします。

楽しんでいってくださいね。

それでは早速参りましょう。

『金色のコルダ11巻 感想記』

音楽コンクールが閉幕し、また新たな展開がある
のだろうとは思ってましたが、まさか転校生が
やってくるとは・・・

それもまた癖のある加地君。

いきなり香穂子に急接近する態度をとったりして、
今後も一波乱ありそうですね。

香穂子を中心に恋愛模様も展開され、加地の加入で
よりいっそう深みを増してきた感じがします。

一方香穂子は、月森や志水たちの演奏を聴いて
行く中で場違いなところにいるような不安感を
抱くようになっていきましたよね。

確かにらしくないと思いましたが、不安になる
のは当然でしょうね。

経験値も違うだろうし、レベルが違うのは当然
ですからね。

そんな香穂子をさりげなくフォローする土浦も
優しさがにじみ出て好感持てました。

お互い競い合いながら、より高みを目指して
頑張ってほしいところですね。

月森・土浦・志水も演奏のレベルは高いけど、
香穂子の演奏も味があっていいと思う。
少しでも彼らに近づけるようになれればいい
ですね。

以上、第11巻の感想記でした。
いかがでしたか。

金色のコルダは私のお奨めする、大好きな漫画
の一つです。

音楽の楽しさや、恋愛模様を如実に描かれてい
てとても面白い漫画ですよ。

第11巻では、加地葵というイケメンの転校生
が新たにやってきました。
彼の登場で、より一層複雑に絡み合う恋愛模
様が見られるようになって来ましたね。

また、音楽面でも、選抜合宿で月森・土浦の
コラボを筆頭にそれぞれのレベルの高さに圧
倒され不安を感じるも、その高みに何とかし
てどり着きたいと思い始める香穂子の様子が、
描かれていて楽しく読めました。

実際に読んでいてすごく面白かったです。

この記事を読んで興味を持ったら、
是非、一度手にとって読むことを強くお奨め
します。

第12巻以降の感想記はまたの機会にお届けします。
お楽しみに。

では、今回はこの辺でまた。




posted by まさやん at 11:34| Comment(0) | 感想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。