2011年03月24日

第12巻 感想記

皆さんこんばんは。
まさやんです。

いかがお過ごしですか。

漫画も読めば読むほど面白く
どんどんはまっていきそうですね。
私も音楽が好きなので、呉先生の
『金色のコルダ』は、毎回熟読して
しまいます。

これがきっかけでどんどんクラシックが
好きになったりして・・・(^−^;)

まぁ私がクラシックを好きになるかどうか
は別にして・・・
それくらい音楽の楽しさを教えてくれて、
しかも高校生の恋愛模様を面白楽しく描
かれていて、非常に楽しく熟読させてい
ただいてます。

さて、今回は金色のコルダ第12巻の感
想記を皆さんにお届けいたします。

お楽しみに。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

では、早速参りましょう。

【金色のコルダ第12巻 感想記】
コンクールが終わっても、香穂子を中心に
友情物語や恋愛模様が語られていってます
ね。

すれ違いが生じていた、火原・柚木も香穂
子が間に入ることで、すれ違いが解消でき
たのはいいところ。
加地・月森・土浦との四角関係の混ざり
具合は面白かったです。
特に土浦の揺れ動く心情が見え隠れして凄
く楽しめました。

ようやく決心して、音楽と立ち向かい、
コンクールに参加することを決めた土浦の
勇気は尊敬します。

香穂子もヴァイオリンを指導してもらいたい
一身でコンクールに参加することになりまし
たね。
今後、どんな風に展開するのか楽しみです。

最後に、火原のCM感じよかったですね。
このCMをきっかけに学園の人気者になるの
でしょうか。
ちょっと客観的に面白いなと思いました。
(火原本人は困り果てているようでしたけ
ど・・・(^−^;)))

【最後に・・・】
いかがでしたか。
以上第12巻のあらすじでした。
12巻では、香穂子を中心とした、友情物語や
恋愛模様など、様々な揺れ動くキャラの心情が
とてもよく描けていてとても面白く熟読できま
した。

金色のコルダは、音楽の楽しさだけでなく、
友情や恋愛なども面白く描かれていて、いろん
な角度から楽しく読むことが出来る漫画です。

音楽に興味のある方や、高校生の純粋な恋愛模
様に興味のある方にお奨めする漫画です。

一度興味がありましたら、実際に手にとって読
んでみてくださいね。

では、今回はこの辺で。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!。




posted by まさやん at 23:37| Comment(0) | 感想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。