2011年02月17日

第9巻 感想記

この第9巻で、崎本の告白によって。
土浦を筆頭に、もっと複雑に恋愛模様が
描かれていくかと思ってましたが、案外
シンプルにまとまっていましたね。

土浦自身香穂子への想いに気づいて、
崎本の告白を断るところは、男らしさ
が出ていました。

それだけ、香穂子のことが好きになり、
いい加減な気持ちで付き合うことが
出来ないからこそ崎本には断ったの
でしょう。

一方、火原の落ち込み方も尋常では
なかったですね。

香穂子のことが気になりすぎて、どんどん
おかしくなっていく様子が描かれていて、
この先どうなっちゃうんだろうという気持
ちで、魅入ってしまいました。

そして、香穂子も土浦・月森・火原・柚木
達との交流を重ね、どんどんヴァイオリンが
好きになっていっていますね。
リリが最初に思い描き、行動してきたことが
ようやく実りだしたような感じがしました。
私も音楽は小さい頃から好きでしたし、
一人でも音楽を好きになってくれると嬉しい
ものです。

今回の学院内音楽コンクールも最終セレ
クションを迎えるのみとなりました。
この最終セレクションで、それぞれが
どんな想いをのせて演奏をしてくるのか
楽しみです。

以上、第9巻の『あらすじ・感想』でした。

金色のコルダは、私のお奨めする面白い漫画
の一つです。

興味があったら、是非、一度手にとって読む
ことを強くお奨めします。

音楽の楽しさや、一つの高校生の恋愛模様を
楽しめる素敵な漫画です。

この第9巻では、土浦・火原の香穂子への
気持ちを中心に物語が展開していましたね。
そして、他のメンバーとの交流をきっかけに
ある意味、香穂子を中心に大きく恋愛模様が
描かれていて、とても面白かったです。
音楽という観点で見ても、ヴァイオリンが
どんどん好きになっていく香穂子の姿勢に
好感もてました。
いろんな意味で楽しく読める第9巻です。

是非、一度読んでみてくださいね。
では、また。


posted by まさやん at 23:22| Comment(0) | 感想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

第8巻 感想記

遂に魔法のヴァイオリンも消滅してしまいましたね。
今までの想いの詰まったヴァイオリンとお別れするのは
寂しい気がします。
香穂子もそんな想いだったのではないでしょうか。

第3セレクションのテーマも『失われしもの』。
香穂子の選曲も、フォーレ作曲『夢のあとに』。
恋人をなくした曲として作られた曲である。

このテーマに適していて切なくなりました。

魔法のヴァイオリンとの別れは寂しいですが、
香穂子が音楽を好きになったことは収穫だったでしょう。

第3セレクション後にリリに新しいヴァイオリンを
もらいますが、今後もヴァイオリンを手にもっと
音楽を好きになってもらいたいと思いました。

まぁ音楽のことはこの辺にしておいて、
恋愛模様については、崎本が登場したことで
さらに複雑に絡んでいくのかなという感じが
しました。

香穂子のことが気になり演奏に集中できなく
なった火原。

香穂子の影響で、冷酷な感情が徐々に和らい
でいる月森。

香穂子のことが気になっていて、何かピンチが
起こると、必ずその場に現れ、香穂子を助ける
土浦。

恋愛感情というほどではないが、唯一自分の
本心をさらけ出している柚木。

今までは香穂子を中心に色々絡んでいた恋愛模様
でしたが、そこに崎本がやってきて、土浦に告白
したことで、さらに複雑に絡み合いそうで、今後の
展開が楽しみになりました。

以上、第8巻の『あらすじ・感想』でした。

金色のコルダは、私のお奨めする面白い漫画
の一つです。

興味があったら、是非、一度手にとって読む
ことを強くお奨めします。

音楽の楽しさや、一つの高校生の恋愛模様を
楽しめる素敵な漫画です。

この第8巻では、魔法のヴァイオリン
を使っての最後の演奏となってしまった
香穂子の想いと、香穂子のことが気に
なりだした各メンバーの心情が見え隠れ
して面白かったです。

また、崎本が登場し土浦に告白
したことで、恋愛感情も複雑に
なるのだろうかと、今後の展開が
楽しみなり、わくわくしながら
読むことができます。

是非、一度読んでみてくださいね。
では、また。

【送料無料】金色のコルダ(第8巻)

【送料無料】金色のコルダ(第8巻)
価格:410円(税込、送料別)

posted by まさやん at 20:19| Comment(0) | 感想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

第7巻 感想記

遂に香穂子の想いが爆発してしまいましたね。

あの環境・あのメンバーに囲まれて、相当な
プレッシャーと、魔法に頼ってしまったことに
対しての罪悪感が、香穂子を追い詰めてしまった
のでしょう。

でも、音楽が好きになってしまってどうする
ことも出来ないのが本音なんでしょうね。

第6巻でも揺れ動いている感情が伝わって
きましたが、それ以上に今回は香穂子を中心に
各メンバーの揺れ動いている心情が如実に
伝わってきて、心に響いてきました。

そして、魔法のヴァイオリンで弾く事が最後に
なると知った香穂子は、この第3セレクションで
どんな演奏をするのでしょうか。

揺れ動いた香穂子の心情全てが詰まった
演奏が、このセレクションのテーマである
『失われるもの』にぴったり合っていると
思いました。

是非、最後までヴァイオリンがもってくれる
こと祈ります。

一方火原・土浦・月森も香穂子への想いが
徐々に膨れ上がってきているように感じ取れた。
それだけに調子も狂ってきているだろう。

柚木はそこまでの感情を抱いていないまでも、
どこかで香穂子のことを意識しているようで、
感化されているのは間違いない。

今後、香穂子を取り巻く恋愛模様も金色のコルダ
を読む上での楽しみのポイントだ。

いろんな意味で楽しみが増えた。

以上、第7巻の感想記でした。

金色のコルダは、私のお奨めする面白い漫画
の一つです。

興味があったら、是非、一度手にとって読む
ことを強くお奨めします。

音楽の楽しさや、一つの高校生の恋愛模様を
楽しめる素敵な漫画です。

この第7巻では、遂に想いを爆発して
しまう香穂子を中心に複雑に揺れ動く
各メンバーの心情が如実に描かれていて、
心に響いてきました。

また、火原・月森・土浦と香穂子
との恋愛模様が複雑に絡み合い、
読んでいて、すごく面白いですよ。

是非、一度読んでみてくださいね。
では、また。

【送料無料】金色のコルダ(第7巻)

【送料無料】金色のコルダ(第7巻)
価格:410円(税込、送料別)

posted by まさやん at 16:24| Comment(0) | 感想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。